タイ国際結婚お見合い


タイ国際結婚を前向きに考えるならお見合いしてみることです。
お見合いしてタイ人女性と会話して初めて国際結婚への向き不向きがわかることもあります。

 

日本人同士のお見合いと違う点
  • 外国女性とのお見合いのため、基本的に通訳同席でのお見合いとなる
  • お見合いはタイ・バンコクへ渡航して行うため3〜4日間必要
  • 一度に5人〜8人くらいとお見合いする
  • お見合いで良いと思った女性がいたら即日デートへ

 

当たり前なんですがタイ人女性のほとんどの方は日本語しゃべれません。
したがったお見合いも通訳同席で行うことが通常です。

 

通訳を介しての会話となりますが、
意外に問題なくコミュニケーションが取れます。

 

むしろ、通訳さん同席のためリラックスしてお見合いできるという利点もあります。

 

 

タイの女性と国際結婚お見合いするまで

 

タイの女性とお見合いコーディネートしてくれる業者を探すことからスタートしましょう。
業者を選ぶことになるんですが、ここで失敗すると取り返しがつきません。

 

かなり慎重に業者選びを行う必要あります。

 

流れとしては、「業者選び」→「お見合い打診」→「バンコクへ渡航してお見合い」となります。

 

お見合いにかかる費用ですが、業者にもよりますが、渡航費用とお見合いコーディネート代で20万円前後です。

 

失敗しないための基準

 

●実績が豊富

 

●タイ女性会員数が多い

 

●タイ女性会員のプロフィールがきちんとしている

 

●定期的にタイ国際結婚お見合い実績がある

 

最低限このくらい調査してから業者を選ぶようにしましょう。

 

とくに直近のお見合い実績や今後のお見合いスケジュールを聞きましょう。
そうすればどれだけの実績があるのかすぐにわかります。

 

明確に答えられない業者はパスです。

 

 

お見合いの打診

 

自分のプロフィールを作成し、タイ現地の女性へお見合いを打診します。

 

相手からOKもらえたら、イザ現地へ渡航となります。

 

お見合いはお互いの気持ちがマッチングして成功となります。

 

タイへお見合いに行く前にどういったアプローチが有効なのか結婚相談所へ相談してみるといいでしょう。

 

業者選びを間違っていなければ相手はプロです。
あなたにとってどういったアプローチが有効なのかはっきりと応えてくれるはずです。

 

 

どんな女性とお見合いできるのか!?

 

一番気になるのがどんな女性とお見合いできるのか?だと思います。

 

年齢は20〜30代の女性で、タイ、バンコクに住んでる方が中心となりますが、
農村部に住んでる方がどうしても日本人と結婚したいということで、お見合いの日程に合わせてバンコクへ来ている方もいます。

 

相手の女性はかなり本気でお見合いへ臨んでいます。
こちらも良い人がいたら婚約する気持ちで臨みましょう。

 

タイへお見合いへ行ったらその場で婚約しないといけないのか!?と不安に思う人もいるかもしれませんが、それは大丈夫です。

その場で婚約する人が多いようですが、とりあえずお付き合いしてから決めるという流れを取る方もいるようです。

 

よほど悪質な業者を利用しなければ即決を迫られることはありません。
念のため、渡航前にお見合い後の婚約について聞いておくのが良いでしょう。

 

お見合いが成立しないことってある!?

 

日本で婚活しているとお見合い自体が成立しないことが多々あります。
ましてや年齢が50歳以上だとまともにお見合い相手を探すことが難しいと感じるはずです。

 

しかし、タイ国際結婚ならお見合い自体は比較的決まりやすいです。
条件にもよりますが、3人〜5人くらいの女性がお見合いにOKしてくれるはずです。

 

もしもOKしてくれる女性が少ないなら、わざわざバンコクまでお見合い渡航するのは見合わせるべきです。

 

 

お見合いを成功させるポイント

 

タイの女性は控えめな方が多いです。
自分からガツガツしてる性格ではないので、あなたがリードして会話を進めましょう。

 

注意点は、通訳と必要以上に会話しないことです。

 

あなたのお見合い相手は通訳ではありません。

 

日本語を理解できない可能性の高いタイ女性とのお見合いです。
やたらと通訳と会話していたら失礼です。

 

この点は十分注意しましょう。